皮を被っているからって言っても気にするな!

包茎にはいろいろな種類がある。

包茎には、色々な種類があり、大きく分けると2種類に分かれていて、真性包茎と呼ばれるものと仮性包茎とよべれるものがあります。そもそも日本人の多くが、実は包茎と言われていますので、実際に包茎は多く存在します。だから皮を被っているからと言っても、一人ではないので心配はありません。ただし、真性包茎と呼ばれる包茎の場合は、皮を被ったままなので、エッチもできないために手術が必要となってくるので覚えておいてください。

仮性包茎と真性包茎の違いは?

真性包茎と仮性包茎の違いは、単純には皮が剥けるか向け内科の違いです。真性包茎の場合は、皮が常にかぶった状態のままなので、手術が必要となってきますが、入院の必要はなくレーザーなどで余分な皮を切除するだけです。どちらかというと術後は、露出した亀頭部分の衣類へのこすれのほうが、痛みがひどく、なれるまで1か月ぐらいかかるようです。仮性包茎は、勃起時になどには皮が剥けるのでエッチなどには、問題はありません。

意外と気にしてはいない?

仮性包茎の場合は、エッチもできるので問題はありませんが、常に亀頭部分が出ているわけではないために匂いを発することがあります。そのため、常に清潔にしていることが必要です。エッチができるので、実際に相手の女性側も、多くはあまり気にしてはいません。多くの日本人男性が仮性包茎ですからね。女性も手術してまでのエッチを望んではいないのかもしれませんし、愛情表現はエッチだけではないという意識もあると思いますよ。

包皮が性器を覆う包茎は肥満によって下腹部の皮膚が押し出されることで重篤化することがあります。外科手術で包皮を切除しても再び性器が覆われることもあるので、肥満を解消させることが効果的な対処法です。