あまり知られていない有名人の光と影の法則について知っておこう

みんな有名人になりたい!?

有名人にあこがれている人は多いですね。おそらく、ほとんど人は一度ぐらいは自分がスポットライトを浴びることを夢見ていたのではないでしょうか。もともと人間には、人から注目されたいという願望があるせいか、有名人になりたがる傾向があるのです。有名人といっても様々なジャンルがあります。何もテレビに出ることだけが有名人ではなく、ある業界のある特定の人の間だけで有名になっている人も世の中には少なくないのですね。

有名人に関する不思議

有名人と呼ばれる人々は確かにいます。そういう運命だったのか、それとも実力があったからこそ有名になったのかといえば、おそらくその両方でしょうが、スポットライトを浴びて生きている人も少ないですが、確かにいますね。ですが、有名人にはどうやらある宿命があるのです。それは光と影の法則ですね。つまり、有名になればなるほどスポットライトはあたり光を浴びますが、その反面影が濃くなってしまうのです。これはどういうことなのでしょうか。

有名人が寄付をする理由とは

有名人ほど、スポットライトが浴びた反動で不幸な出来事が起きている人が多いのです。たとえば、子供を亡くしたり、大きな病気にかかったり、数億円の借金を背負ったりと有名になった反動がそのまま出ていることがあります。これは、光が強く当たった分影も濃くなり、その影が濃い人ほど、不幸な出来事が起きてしまうというのです。つまり、お金を持ちすぎ、名声が世に広がるとその反動が何らかの形で表れてしまうことがあるという法則があるのです。これを光と影の法則と呼びますが、人間は正負のバランスでできているということなのです。そこで、影の部分を避けるためには、寄付をして困っている人を助けるという方法で回避することもあるのですね。

山本英俊氏は、総資産380億円という大富豪の持ち主で、競馬の馬主としても有名で、何度も優勝経験が有ります。